news about artist works store coordinate archive mail home
       
 
 
   
  プロジェクト
  ・amky knitting project
vol.1 (2009.7.9)
vol.2 (2009.8.19)
vol.3 (2009.10.7)
vol.4 (2009.11.5)
vol.5 (2009.12.9)
vol.6 (2010.3.4)
  移動者の目線からの映像
・[am K.Y. Travelling Store]
[ON AIR]
  展覧会/上映会
上映プログラミング
  ワークショップ
 
   

アムキー・ニッティング・プロジェクトご案内

「作り手」と「受け手」をつなぎ、映像をめぐる多彩な文脈を編む「アムキー・ニッティング・プロジェクト」第4回目、「Sabotage Syndrome - "Shot" をめぐる映像的考察」を開催します。

今回は、現実世界とメディアの関係を批判的に考察し、新たな映像の可能性を探求している映像作家、西山修平氏をお迎えします。6つの短編からなり、ビデオアートの総合的作品を指向する“マルドロールのビデオ”から、その一編“Shot"をめぐり、映像と音声の関係性、その「破壊」について、観客のみなさんと対話を編みたいと思います。
みなさまのお越しをお待ちしております。。

[amky knitting project vol.4]
上映&トーク
「Sabotage Syndrome - "Shot" をめぐる映像的考察」

〇2009年11月5日(木)19:00〜
〇会場:アート&ソサイエティ神田事務所>>> 地図 (pdfファイル)
 千代田区内神田3−17−8 小山ビル301
 tel. 090-7719−9972(A&S)
〇共催:NPO法人アート&ソサイエティ研究会
〇予約:amky@amky.org (先着順)
〇お問い合わせ:050-1159-9306(アムキー)
〇参加費:1,500円 ※ワンドリンク付き
*会場スペースに限りがあるため、ご予約をお願い致します。

□ 西山修平 映像作家
1976年生まれ。立命館大学にて美術批評を専攻。前衛・実験映画に影響を受け、映像制作を始める。国内外にて作品多数発表。2007〜08オーストラリアにて作品制作。ビデオ構造についての実践的解体を通じて社会を批判的に考察する映像作品が国際的に注目されている。

□NPO法人アート&ソサイエティ研究会 (A&S) 
アート&ソサイエティ研究センターは、アートと社会の関係を幅広い視点から考えていく研究調査機関で、個々の地域や他分野を繋ぐ水平なネットワークを促進し、現代における文化芸術の多様な役割を広げていくための業務・事業を行っています。
http://www.art-society.com/


〇 これまでの[amky knitting project]
vol.1 (2009.7.9)
上映&トーク「交錯する視線−パフォーマンスと映像」(ゲスト:ビデオ・アーティスト、中村明子さん)
vol.2 (2009.8.19)
上映&トーク「現代タイ・マレーシアの実験映像」(ゲスト:映像作家/キュレーター西川智也さん)
vol.3 (2009.10.7)
『AFTER BOOK』紹介&トーク「『AFTER BOOK』をめぐって:映像美術作品の価値基準は何か?」
(ゲスト:design art unit NOR (大江直哉さん・吉田亮子さん)