news about artist works store coordinate archive mail home
       
 
 
   
  Mako Idemitsu
  Takahiko Iimura
  Helio Ishii
  Abraham Ravett
  Kentaro Taki
  VIDEOART CENTER Tokyo
  Reiko Tahara & Max Uesugi
   
   
   
   
   
   
   
   


 

日本の実験映画の草分けの一人である飯村隆彦は、1960年代にハプニングのオノ・ヨーコ、画家の赤瀬川原平、作曲家の小杉武久、暗黒舞踏の土方巽らの前衛芸術家の協力で、 8ミリや16ミリの前衛映画を個人で制作し、ギャラリ−やホ−ルでゲリラ的に自主上映活動を行なった。大林宣彦、高林陽一、ドナルド・リチ−、石崎浩一郎らと実験映画集団「フィルム・アンデパンダン」を1964年に結成し、東京の紀伊国屋ホ−ルで日本の個人映画史上最初の実験映画祭を行なった。
ニュ−ヨ−クでは1974年に近代美術館、79年にはホイットニ−美術館で個展とパフォ−マンスを行なって、個人映画作家として、国際的に評価された。1989年には、ニュ−ヨ−クのメトロポリタン美術館の委嘱により日本の芸術に特有な「間」を竜安寺の石庭に再発見する「 Ma: Space/Time In The Garden Of Ryoan-Ji 」 を建築家の磯崎新(テキスト)、 作曲家の小杉武久(音楽)の協力を得て制作、モントリオ−ル映画祭、ユネスコ美術映画祭(「建築賞」を受賞)などで上映された。最近はマルチメディアにも実験的な作品をてがけている。

飯村隆彦 HP → http://www.takaiimura.com
BLOG
http://takaiimura.sblo.jp/




 

「飯村の全作品を振り返ることは、芸術としての映画の発展と楽しみに関わる全ての人々に重要な機会となるだろう。」
ジョナス・メカス(ニューヨーク・アンソロジー・フィルムアーカイブス・ディレクター)


取扱作品